• HOME
  • 競売と任売の違い
  • 離婚からの任売
  • 任売の流れ
  • 任売のタイミング
  • 事例
  • スタッフの紹介
  • 会社概要
お問い合わせはコチラ
よくある質問
任売と競売の違い
離婚からの任売
任売のメリットと流れ
事例
任売のタイミング
スタッフの紹介
会社概要
会社紹介動画
日本を代表する成長企業に選ばれました

プライバシーポリシー

制定日 : 2011年5月31日
株式会社東京ハウスパートナー  細田 伸行

はじめに

株式会社東京ハウスパートナーは、個人情報の方針及びその取り組みの態勢を以下の通り定め、これを株式会社東京ハウスパートナーの個人情報保護指針として実行、維持いたします。
株式会社東京ハウスパートナーは、お客様の個人情報の重要性を認識し、個人情報の保護に関する法令及び社内規定を、すべての役員、従業員、業務委託先関係者が厳守することにより、個人情報の適正な取扱いと、安全かつ確実な管理・運営に万全を尽くしております。また、継続的に見直しを実施して、個人情報保護の一層の改善・向上に努めております。


個人情報の取得について

東京ハウスパートナーは、偽りその他不正の手段によらず適正に個人情報を取得致します。
お客様の承諾が無い限り登録された個人情報を第三者に開示いたしません。
ただし、法律の定めにより情報の開示が求められた場合、個人情報を政府、地方自治体裁判所、または国際的な法執行機関に対して開示することがあります。


個人情報の利用について

お客様から個人情報をご提供いただく場合、その情報は、原則として、東京ハウスパートナーの提供するサービスおよび関連情報をご提供する目的、サービスを改善する目的にのみ利用いたします。
お客様の個人情報をこれらの目的以外に無断で利用することはありません。


個人情報の安全管理について

東京ハウスパートナーは、取り扱う個人情報の漏洩、滅失またはき損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。


個人情報の委託について

弊事務所は、個人情報の取り扱いの全部または一部を第三者に委託する場合は、当該第三者について厳正な調査を行い、取り扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう当該第三者に対する必要かつ適切な監督を行います。
また、コンサルティング、プライバシーマーク申請、ISMS申請業務におきまして第三者と共同して業務を遂行する場合に個人情報の取り扱いを委託する場合があります。


個人情報の第三者提供について

東京ハウスパートナーは、個人情報保護法等の法令に定めのある場合を除き、個人情報をあらかじめご本人の同意を得ることなく、第三者に提供致しません。


個人情報の開示・訂正等について

東京ハウスパートナー、お客様の承諾が無い限り登録された個人情報を第三者に開示いたしません。 ただし、法律の定めにより情報の開示が求められた場合、個人情報を政府、地方自治体、裁判所、または国際的な法執行機関に対して開示することがあります。
東京ハウスパートナーはご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、速やかに開示を致します。
その際、ご本人であることが確認できない場合には、開示に応じません。 ご自身の個人情報についての修正、削除等のご依頼があった場合には、合理的な範囲内において適切に対処いたします。

お申し出をいただく場合には、当社お問い合わせ窓口にご連絡ください。

【 連絡先 】 株式会社東京ハウスパートナー
 E-mail  : info-ths@tokyo-hp.co.jp
 電話   :  03-5468-5511


組織・体制

東京ハウスパートナーは、 細田 伸行 を個人情報管理責任者とし、個人情報の適正な管理及び継続的な改善を実施致します。


本方針の変更

本方針の内容は変更されることがあります。
変更後の本方針については、弊社が別途定める場合を除いて、当サイトに掲載した時から効力を生じるものとします。

ページ上部へ
Copyright © 2001-2020 任売相談センター All Rights Reserved.