• HOME
  • 競売と任売の違い
  • 離婚からの任売
  • 任売の流れ
  • 任売のタイミング
  • 事例
  • スタッフの紹介
  • 会社概要
お問い合わせはコチラ
よくある質問
任売と競売の違い
離婚からの任売
任売のメリットと流れ
事例
任売のタイミング
スタッフの紹介
会社概要
会社紹介動画
日本を代表する成長企業に選ばれました

離婚からの任売

離婚からの任売

夫婦で購入した家をどうするか、離婚の際に直面する大きな問題の一つです。

『夫婦合算で払っていた住宅ローンが払えなくなった』『夫婦合算で払っていた住宅ローンが払えなくなった』『ローンの残債が多く、売るに売れないし、支払っていくことも出来ない』『妻が住み続け、夫が住宅ローンを引き続き支払っていく約束だったが、支払いが滞り、家が競売に掛かってしまった』

離婚時に抱える家と住宅ローンの問題は複雑です。

【夫が住宅ローンを支払い、妻が家に住み続ける】

最も多いケースの一つです。
夫の住宅ローンを妻名義に変更するには、収入面等で銀行の審査を通過する必要がありますが、働いていて、また収入面等でそれをクリアできる方は現実にそう多くありません。
従って、この形を選択する夫婦は非常に多いです。
但し、リスクも伴います。

一般的にはお金を借りた夫本人が所有し、本人が(家族と)住むという約束で借入れをしている為、本人が住まないとなると銀行から一括返済を求められる可能性もゼロではありません。
その上、夫も当然別の住居を構えることになるので、ローンと家賃の二重支払いになり、将来的にローンが払えなくなってしまう事も十分考えられます。

また、保証人になっている場合、「離婚をするのだから連帯保証人や連帯債務者を外れたい」と誰もが考えますが、名義変更や、保証人を外れるには、必ず銀行の承諾が必要になり、決して簡単ではありません。
金融機関との契約内容をよく確認し、早い段階で相談することが大切です。

その他、

  • 夫が引き続きローンの支払いをして、そのまま住み続ける。
  • 妻がローンの借換えをし、家に住み続ける。
  • 不動産を第三者に売却する。

保証人も含め、銀行との住宅ローンの契約内容や不動産の名義、家族構成や生活状況により様々な形があります。

まずはお客様の要望をお伺いし、どうする事がベストか、また将来的に発生する相続の観点からもお話しをし、一緒に取り組んで参りたいと思います。お気軽にご相談下さい。

TEL:0120-58-5522 受付時間:9:00~21:00

ページ上部へ
Copyright © 2001-2020 任売相談センター All Rights Reserved.